『話し上手伝え上手が大事にしている47のルール』

2017.05.12 (金)

「どんな仕事でも、話し方、伝え方が勝負です。」と説いている本があります。

 

 

本日紹介するのは、コンサルティング会社HRインスティテュートを設立し、代表を経て、現在はフェロー・エグゼクティブコンサルタント野口吉昭さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

野口吉昭『「話し上」「手伝え上手」が大事にしている47のルール:相手に響く言葉、響かない言葉』(知的生き方かた文庫)

 

 

この本は、「周囲の人たちを巻き込んでいい仕事をするには、自分の考えを “ 相手に伝わる言葉 ” にして実行していくことが大前提」という考えを基本として書かれています。

 

 

つまり、「話し方」「伝え方」の技術が仕事の出来を左右し、さらには自分自身の人間的成長を決定づける、と著者は述べています。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.話上手は「相手の心を開くポイント」をつかむのがうまい

 

2.「何を話すか」より「何を聞くか」

 

3.「伝える力」は話の組み立て方しだい

 

4.「信頼される人」が言うこと、言わないこと

 

5.いい人間関係が生まれる言葉

 

 

本書の冒頭で著者は、「いい空気づくりがうまい人は、例外なく “ 話し上手 ” 、“ 伝え上手 ” です。相手の気持ちに沿った話し方は、その場の空気を和やかにし、お互いのコミュニケーションを活発にする。」と説明しています。

 

 

すなわち、伝え方ひとつで相手の心が動き、それがきっかけで深い絆が築かれることもあるのです。

 

 

 

この本では、全部で「47のルール」として、「話し上手」や「伝え上手」が大事にしていることを整理していますが、とくに私の心に響いたものを以下に紹介します。

 

 

◆ 「もし~」を使えば、話が自在に弾み出す

 

◆ 会話の中に「相手の名前」をしのび込ませる

 

◆ 人は「よく聞いてくれる人」に話したがる

 

◆ 「さりげない特別扱い」が相手の心を揺さぶる

 

◆ 「会話の結び」は相手の話題で終わらせる

 

 

◆ 「目指すゴール」が決まれば、使う言葉も決まってくる

 

◆ 一文一文を短くすると、もっと主張が伝わる!

 

◆ 重要なポイントは「あえてゆっくり」

 

◆ 「言葉の無駄」を削ぎ落とせ

 

◆ できる人は、言葉に「色」をつけている

 

 

 

最後に、東日本大震災で被害を受けた施設を一時休園するという、東京ディズニーリゾート次の「メッセージ」を紹介しています。

 

 

「あなたの笑顔にお会いするために

東京ディズニーリゾートは

ただいまお休みをいただき

皆様をお迎えする準備を進めています」

 

夢がかなう場所 東京ディズニーリゾート

 

 

これを普通の表現、例えば、「しばらく休園します。ご迷惑をおかけしてすみません。」という表現と比べると、相手とつながろうという温かさが伝わってくる、と著者は言います。

 

 

あなたも本書を読んで、「話し方」「聞き方」「伝え方」・・・・ “ ちっとした工夫 ” の積み重ねが、仕事人生を変えることを実感してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『話し上手伝え上手が大事にしている47のルール』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP