『敗者復活~地獄をみたドラフト1位、第二の人生』

2017.10.18 (水)

「人生は何度でも挽回できる!」とエールを送り、新たな道を「生き直す」プロ野球ドラフト1位、7人の軌跡を描いた本があります。

 

 

本日紹介するのは、昨日に続き、立教大学4年時に23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験し、大学卒業後は、ぴあKADOKAWAなど出版社勤務を経てフリーランスとなった元永知宏さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

元永知宏『敗者復活~地獄をみたドラフト1位、第二の人生』(河出書房新社)

 

 

この本は、プロ野球のドラフト1位に指名されながら、なぜ成功できなかったのか、という要因を探りながら、その後の人生について、追跡取材を行ってまとめたものです。

 

 

 

本書は以下の7名の人生の軌跡によって7部にて構成されています。

 

 

1.増渕竜義(2006年ヤクルト ⇒ 野球スクール塾長)

 

2.入来祐作(1996年巨人 ⇒ ホークス三軍コーチ)

 

3.桧山泰浩(1985年近鉄 ⇒ 司法書士)

 

4.真木将樹(1997年近鉄 ⇒ 法政大学野球部コーチ)

 

5.渡辺正人(1997年千葉ロッテ ⇒ 石川ミリオンスターズ監督)

 

6.田口竜二(1984年南海 ⇒ 白寿生科学研究所課長)

 

7.横山忠夫(1971年巨人 ⇒ 手打ちうどん『立山』店主)

 

 

 

著者によれば、怪物や天才が集まるプロ野球でも、ドラフト1位は特別な存在だ、と言います。チームの誰よりも注目され、期待されます。

 

 

しかし、そのプレッシャーに押しつぶされ、成績を残せないまま、ある者は数年で他球団にトレードに出され、ある者は戦力外通告を受ける、ということです。

 

 

こうして、「契約金ドロボー」のレッテルを貼られて球団を去る選手は数えきれないほどいる、と本書では述べています。

 

 

しかし、プロ野球選手に引退はあっても、人生に引退はない。ユニフォームを脱いでからも生きていかなくてはならないため、挫折から第二の人生を目指すことになります。

 

 

この本では、そうした挫折し、地獄を見たドラフト1位選手が、どのようにして人生を立て直していったか、その軌跡を描いています。

 

 

7選手のそれぞれのストーリーについては、ぜひ本書を直接手に取ってお読みください。それぞれ一度は地獄を経験しています。

 

 

しかし、ヒットを打ち続けるバッターがいないのと同じように、ミスも挫折もない人生などどこにもない、それを乗りこえたときに初めて、敗者は勝者になれる、という本書の言葉は、心を打ちます。

 

 

あなたも本書を読んで、新たな道を「生き直す」ドラフト1位、7人の人生の軌跡から、生きる勇気をもらいませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『敗者復活~地獄をみたドラフト1位、第二の人生』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP