『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』

2017.03.30 (木)

「2035年、日本の人口の半分は独身者で、少子高齢化より深刻な日本のソロ社会化が大きな問題になる」と警鐘を鳴らしている書があります。

 

 

本日紹介するのは、博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクト・リーダー荒川和久さんが書いた、こちらの新刊新書です。

 

 

荒川和久『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』(PHP新書)

 

 

この本は、未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化に焦点を当て、世界に先駆けて直面する課題と捉えて分析している書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.増えるソロで生きる人たち

 

2.ソロで生きる人々を許さない社会

 

3.男たちは嫌婚になったのか

 

4.結婚してもソロに戻る人たち

 

5.ソロたちの消費

 

6.ソロ社会の未来

 

 

この本では、一般に言われている少子高齢化ではなく、生涯未婚率の上昇や、より深刻な生涯無子率の上昇を、深刻な問題として紹介しています。

 

 

さらに本書の中盤では、結婚のメリットもデメリットも金となっていることや、結婚に対する男女それぞれの意識も、結局は「金」である、と述べています。

 

 

また、結婚に対する男女の捉え方、結婚しても離婚してソロに戻る人、さらにソロたちの消費行動を紹介・分析しています。

 

 

そして本書の後半では、ソロ社会の未来を展望し、ソロ生活者と幸福について考察し、さらに家族についての分析も行っています。

 

 

本書の最後では、「20年後の未来、あなたは何をしていますか?」、「20年後の未来、日本はどうなっていると思いますか?」と問いかけています。

 

 

そこで、カナダの心理学者で精神科医エリック・バーンさんの次の「有名な言葉」を、説明しています。

 

 

「他人と過去は、変えられないが、自分と未来は変えられる。」

 

 

あなたも本書を読んで、過去や他人にとらわれ過ぎず、自分と未来に焦点を当ててソロ社会の行く末について考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP