神保町「ブックハウスカフェ」三宅哲之トークショー報告

2017.10.10 (火)

2017年5月5日に、明治35年創業、神保町老舗洋書店・北沢書店の1階「ブックハウスカフェ」が誕生しました。

 

  

 

そして翌6月より、毎月1回、私、大杉潤プロデュースによるイベントを、「ブックハウスカフェ」にて開催することとなり、その第1弾として、6月29日(木)に、「牛窪万里子トークショー~新しい働き方への道」を開催しました。

 

 

その時の様子は、2017年7月2日付ブログ記事をこちらのリンクからご覧ください。

 

神保町「ブックハウスカフェ」牛窪万里子トークショー報告

 

また、第2回目は、7月28日(金)に、「マッピーのカフェラジオ公開収録」を行い、ゲストとして、和装イメージコンサルタント上杉惠理子さんをお迎えしました。

 

 

その時の第2回イベントの様子は、2017年7月31日付ブログ記事を、こちらのリンクからご覧ください。

 

「ブックハウスカフェ」マッピーのカフェラジオ公開収録レポート

 

続いて第3回目として、2017年8月4日(金)には、「石井めぐみトークショー~新しい働き方への道」を開催しました。

 

 

その時の第3回イベントの様子は、2017年8月8日付ブログ記事を、こちらのリンクからご覧ください。

 

神保町「ブックハウスカフェ」石井めぐみトークショー報告

 

そして、第4回目として、2017年9月21日(木)には、「阿隅和美トークショー~新しい働き方への道」を開催しました。

 

 

その時の第4回イベントの様子は、2017年9月25日付ブログ記事を、こちらのリンクからご覧ください。

 

神保町「ブックハウスカフェ」阿隅和美トークショー報告

 

 

さらに、大杉潤プロデュースによる「ブックハウスカフェ」イベントの第5回目で、初の休日昼間のイベントとして、河野真杞の「親子セミナー」を、2017年9月24日(日)に開催しました。

 

 

その時の第5回イベントの様子は、2017年9月27日付ブログ記事を、こちらのリンクからご覧ください。

 

神保町「ブックハウスカフェ」河野真杞の親子セミナー報告

 

そして今回、大杉潤プロデュースによる「ブックハウスカフェ」イベントの第6弾のイベントとして、「三宅哲之トークショー」を開催しました。概要は以下の通りです、

 

 

1.日 時; 2017年10月6日(金)19:00~21:00

 

2.場 所; 神保町「ブックハウスカフェ」

      東京都千代田区神田神保町2-5北沢ビル2階

 

3.内 容; 三宅哲之トークショー

     (テーマ) 新しい働き方への道

 

4.参加費; 3,000円(懇親会付)

 

5.書籍; 『絶対成功!「好きなこと」で起業できる』(三宅哲之・明日香出版社)を販売

 

6.その他; トークショー終了後に懇親会(ドリンク付)

 

 

18:30受付開始、19:00スタートに先立ち、早めに会場入りして、設営の確認とホワイトボードのセッティング、本番の進行について、ゲストの三宅哲之さん、オーナーの今本義子さん、進行およびプロデュースの私、大杉潤打ち合わせを行いました。

 

  

 

 

18:40を過ぎた頃から、少しずつ参加者の方々が集まり始めました。椅子のセッティング受付はこんな感じです。

 

  

 

 

三宅哲之さんの著書および、今回のイベント・プロデューサーである私、大杉潤の著書を販売させていただきました。

 

 

 

 

トークショー前半が、三宅さんの小さい頃、秘密基地遊びが好きだったことや、広島岡山香川の大学での話から始まりました。

 

 

その後、大手電機メーカーでの仕事ぶり、社内結婚の話、幹部候補生になったこと、その時の幹部候補研修での事件など、ドラマチックな話の展開に、参加者の皆さんも引き込まれました。

 

 

 

そして、その後のパワハラや、転職、そしてベンチャー企業の倒産、さらに起業した経緯など、赤裸々な体験談に、皆さん興味津々で聞き入ってしまいました。

 

 

このあと、20:00過ぎからは、「自分サイズ起業」のミニ講座として、会場の皆さんからの質問を踏まえたお話がありました。

 

  

 

 

そして、トークショー後半は、これからの夢や目標について語ってくれました。まず、三宅さんが大事にしているのは、毎日を家族みんなが「楽しく過ごす」こと。

 

 

そんなに大きく事業を拡大する、というよりは、自分サイズ起業のサポートを通じて、周りの人たちを幸せにしたい、ということです。

 

 

加えて、三宅さんのもう一つのこだわり「焚き火」です。私も初めて正確に理解したのですが、三宅さんが目指すのは、キャンプファイヤーでの「焚き火」ではなく、静かに団欒したり、思索をめぐらしたりするための「焚き火」です。

 

 

飯ごう炊さんや、バーベキューなどはしないのだそうです。「焚き火」の灯を見ることによって、心が整理できたり、静かに考える時間が持てるという効用がある、と言います。

 

 

最後にもう一度、質疑応答を行い、記念撮影をして、トークショーは終了となりました。

 

  

  

 

 

トークショーの後は、その場で懇親会を行い、交流を深めました。

 

   

 

 

ご参加いただきました皆さま、ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 神保町「ブックハウスカフェ」三宅哲之トークショー報告

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP