神保町「ブックハウスカフェ」阿隅和美トークショー報告

2017.09.25 (月)

2017年5月5日に、明治35年創業、神保町老舗洋書店・北沢書店の1階「ブックハウスカフェ」が誕生しました。

 

  

 

そして翌6月より、毎月1回、私、大杉潤プロデュースによるイベントを、「ブックハウスカフェ」にて開催することとなり、その第1弾として、6月29日(木)に、「牛窪万里子トークショー~新しい働き方への道」を開催しました。

 

 

その時の様子は、2017年7月2日付ブログ記事をこちらのリンクからご覧ください。

神保町「ブックハウスカフェ」牛窪万里子トークショー報告

 

 

また、第2回目は、7月28日(金)に、「マッピーのカフェラジオ公開収録」を行い、ゲストとして、和装イメージコンサルタント上杉惠理子さんをお迎えしました。

 

 

その時の第2回イベントの様子は、2017年7月31日付ブログ記事を、こちらのリンクからご覧ください。

「ブックハウスカフェ」マッピーのカフェラジオ公開収録レポート

 

 

続いて第3回目として、2017年8月4日(金)には、「石井めぐみトークショー~新しい働き方への道」を開催しました。

 

 

その時の第3回イベントの様子は、2017年8月8日付ブログ記事を、こちらのリンクからご覧ください。

 

神保町「ブックハウスカフェ」石井めぐみトークショー報告

 

 

そして今回、第4回目として、下記の通り、阿隅和美トークショーを開催しました。

 

 

1.日 時; 2017年9月21日(木)19:00~21:00

 

2.場 所; 神保町「ブックハウスカフェ」

      東京都千代田区神田神保町2-5北沢ビル

 

3.内 容; 阿隅和美トークショー (聞き手: 大杉 潤)

     (テーマ) 新しい働き方への道

 

4.参加費; 3,000円(懇親会付)

 

5.書 籍;

『心をつかみ思わず聴きたくなる話のつくり方』(阿隅和美・日本能率協会マネジメントセンター)および

『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』(大杉潤・キノブックス)を販売

 

6.その他; トークショー終了後に懇親会(ドリンク付)

 

 

18:30受付開始、19:00スタートに先立ち、早めに会場入りして、設営の確認とPC、プロジェクターのセッティング、本番の進行について、ゲストの阿隅和美さん、オーナーの今本義子さん、進行およびプロデュースの私、大杉潤打ち合わせを行いました。

 

  

 

18:30を過ぎた頃から、少しずつ参加者の方々が集まり始めて、19:00のトークショー開始の時には満席。その後、遅れて到着された方には、急遽、椅子を追加して参加いただきました。

 

 

まずイベント開始に先立って、ブックハウスカフェのオーナー今本義子さんから皆さんにご挨拶をしました。

 

  

 

そして、私、大杉潤より、ゲストの阿隅和美さんを紹介し、パワーポイントを使いながら、自己紹介およびトークショーに入りました。

 

  

 

阿隅さんは、小さい頃は音楽が好きで、ピアノなどの楽器よりも歌が得意だったそうです。やはり、「声」の良さは小さい時から目立っていたようです。

 

 

その後、青山学院女子短大に進学。何となく、いい会社に入って結婚して仕事を辞める、というレールに乗りたくない、と思って、青山学院大学の経営学部に編入します。

 

 

就職活動では、アナウンサーを目指し、東京のキー局から順番に全国の放送局を受けます。東京では、局のカラーに合わない、という理由で不合格。合否は「顔」で決まる、という驚きの発言が飛び出しました。

 

 

しかし、その後は、合格者へのインタビュー面接のコツを掴み、殆ど最終面接まで残るようになった、と言います。

 

 

最終的に、中部日本放送という歴史ある名古屋の民放放送局に入社して、頭角を表わしていったそうです。

 

 

プロ野球(中日ドラゴンズ)選手へのインタビュー秘話や、NHK衛星放送キャスターへ転身した経緯など、なかなか聞けないお話をしてくれました。

 

 

 

前半のトークが終わると、引き続き、「心をつかむ話し方」のミニ講座が実施されました。通常であれば、パーソナル・トレーニングでかなりの金額がかかるレッスンを、コンパクトにして皆さんに体験いただきました。

 

 

ポイントは、自分主役ではなく、相手を主役にして、話を組み立てること。そして、声の出し方も大切で、腹式呼吸や、口を大きく開けて話す声がかすれない、ということです。

 

 

大きく口を開ける目安は、大きな欠伸(あくび)をしたときの口の開け方です。口角を上げると、声も高く通るようになります。

 

  

 

 

後半のトークは、結婚・出産により、一時は仕事を離れましたところからスタート。昭和女子大学に出来た「ママチャレ」講座に通って、研修講師という、アナウンサー経験を生かした仕事にチャレンジしました。

 

 

現在はフリーで、講演、司会、研修講師、パーソナル・トレーニングなどで、話し方や、話のつくり方について、助言・指導をしています。

 

 

 

最後に、今後の夢や目標を聞きましたが、アナウンサーをして、年数が経った人たちが次に活躍できるサポートをしていきたい、ということです。

 

 

若い人たちへのアドバイスとしては、独身で家族がいないときには、とことん仕事に打ち込むときがあっていい、と厳しい言葉をかけていました。

 

 

最後に、参加者全員で記念撮影をして、セミナーは終了となりました。

 

  

 

この後は、時間の許す限り、懇親会阿隅和美さん、大杉潤著書の販売、サイン会も行い、交流を深めました。

 

 

  

 

 

また、参加者の方々との記念撮影なども行い、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 

  

 

ご参加いただきました皆さま、ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

私、大杉潤は、「まちの本屋」再生プロジェクトとして、クラウドファンディングにより、読書交流会トークショー・イベントを開催しています。

 

 

ぜひ、一緒に「まちの本屋」を応援しませんか。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/35979

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 神保町「ブックハウスカフェ」阿隅和美トークショー報告

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP