『神保町「ブックハウスカフェ」牛窪万里子トークショー報告<その2>』

2018.09.01 (土)

一昨日、2018年8月30日(木)に、牛窪万里子さんをゲストにお迎えし、自らの体験をもとに、「新しい働き方」米南カリフォルニア大学の「ジェロントロジー(老齢学)プログラム」について語っていただくトークショーを開催しました。概要は以下の通りです。

 

 

1.日 時; 2018年8月30日(木)19:00~20:30

 

2.場 所; 神保町「ブックハウスカフェ」

      東京都千代田区神田神保町2-5北沢ビル2階

 

3.内 容; 牛窪万里子トークショー

     (テーマ) 米国ジェロントロジーを学んで

 

4.参加費; 3,000円(懇親会付)

 

5.書籍;

『仕事ができる人は「声」が違う』(牛窪万里子・すばる舎リンケージ)

『定年後不安 人生100年時代の生き方』(大杉潤・角川新書)

『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』(大杉潤・キノブックス)を販売

 

6.その他; トークショー終了後に懇親会(ドリンク付)

 

 

会場の入り口にイベント案内のポスターや販売する書籍を展示しました。

 

  

 

 

定刻の19時ちょうどに、まずブックハウスカフェのオーナー・今本義子さんからご挨拶いただき、ゲストの牛窪万里子さんをご紹介して、トークショーに入りました。

 

 

前半は、牛窪さんが小さい頃に好きだったこと、夢中になっていたことをお聞きしました。小学生の頃は、蟻の巣を見つけて観察することが好きだったそうで、女王蟻を探し出すことに夢中になっていた、と言います。

 

  

 

 

また様々な習い事をする中で、ピアノだけはその後も何とか続けていて、「音」に対する興味があった、ということです。好きな歌手はピンクレディ松田聖子。私の年代では懐かしいバブルの頃の思い出ある曲です。

 

 

中学に入ってからは、硬式テニスを始めて、高校、大学とテニスを続けていました。

 

 

就職活動は、食品関連を希望してサントリーに入社。人気企業でかなりの倍率だったそうですが、最終面接で、「英検2級はたいしたことない」というようなことを言われたのに、強く反論して言い返したのが「シンがある」と思われて逆によかったのかも、ということです。

 

 

サントリーでは、大学の専攻だった英文学とはまったく関係のない経理事務の仕事。地道な仕事ですが、この時の経験が、現在の会社経営にとても役立っている、と言います。

 

 

 

その後、部署の異動などもあったそうですが、社内のプレゼンなどのスキルを磨くために、NHKのアナウンス・スクール第1期生として学ぶことになり、修了後にローカル放送局の募集にトライ。

 

 

いくつか合格する中で、首都圏の横浜放送局の募集というチャンスがあり、見事合格して転職を決意。

 

 

ローカル局のアナウンサー企画から取材現場レポートなど、一人で何役もこなす仕事で、これも後にとても役立ったそうです。やはりその場その場で与えられた仕事に全力で取り組むことが、後に大きく花開く土台になるのかも知れません。

 

 

 

南カリフォルニア大学ジェロントロジーを学ぶことになったのは、人とのつながりの中で情報が入り、「インターネットで日本にいながら日本語翻訳で、好きな時間に学ことができる」ということがわかったため。

 

 

もともと、この分野には興味があり、60科目を順番に終了テストに合格していかないと次へ進めないハードなプログラムでしたが、夜の空き時間を中心に時間を作って学んできたそうです。

 

 

 

続いて牛窪さんから、実際に学ばれたジェロントロジーのプログラムやそこで得られた知見を、ミニセミナーの形で披露していただきました。

 

  

 

 

ジェロントロジーのプログラムは、医学関係の講座かと思うほど、老化についての細かいメカニズムや医学的な知識についても説明があり、ついていくのが大変だったと言います。

 

 

また、何歳になってからでも始められるという、新しい分野での高齢者の活躍事例や、参考になる情報があったそうです。

 

  

 

 

また、南カリフォルニア大学と提携して、このジェロントロジー講座の日本語翻訳を提供している山野学苑飯田理事トークショーご参加いただき、ひと言、講座の紹介をしていただきました。

 

  

 

 

ジェロントロジーについては、日本総合研究所会長で、多摩大学学長でもある寺島実郎さんの、こちらの本もお薦めです。トークショーでも紹介させていただきました。

 

 

 

ミニセミナー終了後に、再度トークショー後半として、牛窪さんに今後の活動について、夢や目標を語っていただきました。

 

 

ぜひ実現したい夢として、サロンを作って、高齢者がスイーツを食べながら、元気に語り合い、交流し合う場を作りたい、ということです。

 

 

 

最後に、質疑応答を行い、記念撮影をしてイベントは終了となりました。

 

 

  

 

 

この後、1階に会場を移して、懇親会を行いました。懇親会では、名刺交換など参加者同士の交流や記念撮影、お買い上げいただきた著書へ牛窪さんがサインをするなど、楽しい時間を過ごしていただきました。

 

  

 

 

  

 

 

当日、大好評で多くの参加者の皆さんに購入いただいた牛窪万里子さんの著書と、大杉潤の著書はこちらです。

 

 

 

 

 

最後に、ブックハウスカフェの今本さん、ゲストの牛窪さん、大杉の3名記念撮影をしました。

 

  

 

 

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

 

昨年6月29日(木)に開催された、大杉潤プロデュースの第1回ブックハウスカフェ・トークショーイベントとなった「牛窪万里子トークショー」の様子はこちらです。

 

神保町「ブックハウスカフェ」牛窪万里子トークショー報告

 

 

今後とも、ブックハウスカフェでのトークショーイベントを、どうぞよろしくお願いします。

 

 

9月、10月のイベントは、こちらから参加申し込みが出来ます。

 

 

9月2日(日)10:30~ 河野真杞の「親子セミナー」

 

https://www.facebook.com/events/286334282138752/

 

 

10月1日(月)19:00~ 井川輝江トークショー

 

https://www.facebook.com/events/1092254070933345/

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『神保町「ブックハウスカフェ」牛窪万里子トークショー報告<その2>』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP