『九十歳まで働く!こうすれば実現できる!』

2017.08.03 (木)

「ビジネスマンの人生は、二十代から五十代までの四十年と、六十代から百歳までの四十年の二つに分けられる」と説いている本があります。

 

 

本日紹介するのは、元ソニー役員で、傘寿(80歳)を超えた今も現役で働く郡山史郎さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

郡山史郎『九十歳まで働く!こうすれば実現できる!』(WAC)

 

 

この本は、還暦になったばかりの著者が、ソニー常務取締役資材本部長兼物流本部長として、新組織、新社長・出井伸之の発表英国ゴルフ場で聞いた話から始まっています。

 

 

ソニーでの著者の経歴、そして子会社の社長、顧問を経て、70歳の子会社役員定年を迎えた時に、再就職の行先がまったく無いという現実を記し、自ら起業して90歳まで働く生き方を選択した思いが綴られています。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.「わがソニー時代」を振り返れば・・・・

 

2.「下り線」の窓からの景色

 

3.「還暦」&「古希」からの人生再稼働

 

4.「シルバー男」が「新入社員」として入社し試行錯誤の日々

 

5.「傘寿」を超えて「米寿」「白寿」「百寿」まで働くために

 

 

この本の前半は、著者がソニー入社後に、いかなる仕事をして、その後のソニーが世界的な企業として成長していったかについて、失敗談も含めて描かれています。

 

 

それを踏まえて、本書の中盤以降では、まず古希(70歳)間近の著者が、市場でまったく求人が無いという現実に直面して、その後自ら人材紹介会社を作った際に改めて、定年退職者が職を探す難しさを痛感することを描いています。

 

 

そうした状況を著者は、「高年齢者の再就職は、肉体労働もそうかも知れないが、特にビジネスマン、知識労働者にとり技術職を含めて極めて困難」と述べています。

 

 

 

本書の後半では、高齢者にとっての「十の戒め」と、「十の薦め」が記されていて、参考になります。まず、「十の戒め」は以下の通りです。

 

1.学校に行く

2.資格を取る

3.語学の勉強をする

4.ジムに行く

5.本を書く

 

6.葬式

7.勲章

8.NPO参加

9.会社を創る

10.勝負事

 

 

続いて、「十の薦め」は以下の通りです。

 

1.図書館

2.散歩

3.趣味

4.おしゃれ

5.家事

 

6.病院

7.交際

8.車

9.住まい

10.仕事

 

 

さすがに人生経験から来る、これら「戒め」「薦め」は説得力があります。

 

 

ビジネスマンの生涯は、いまや成人してから80年あると言っても過言ではない、と著者は言います。

 

 

ここでも多様性があるから、始まる年齢、折り返しのポイント、終わりの歳など、ばらつきがある、と本書では記しています。そこで大切なことは、「あせらない、おそれない、あきらめない、笑顔でやること」と、著者は述べています。

 

 

あなたも本書を読んで、「90歳まで働く!」の実現を目指してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『九十歳まで働く!こうすれば実現できる!』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP