『7つのゼロ思考』

2016.10.18 (火)

「その仕事、もう終わったの?」と誰もが驚くという、「異次元スピード仕事術」を公開している本があります。

 

 

本日紹介するのは、日本のトップ金融機関最も忙しい部署に配属され、「1週間かかる仕事を1日で終わらせた」経験を持つ、ビジネス評論家中村一也さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

中村一也『7つのゼロ思考 外資系コンサルも知らない「異次元スピード仕事術」』(ぱる出版)

 

 

この本は、日本のトップ金融機関最も忙しい部署で、しかも働きたくても働けない制約条件の中で、それでも3人分の仕事を1人で行わなくてはならなくなった著者の中村さんが、「仕事のスピードを劇的にアップさせる思考術」を身に付け、それを公開している書です。

 

 

それは「残業なし」「根性いらず」で、通常なら1週間かかる仕事をわずか1日で終わらせる「異次元スピード仕事術」で、著者は「7つのゼロ思考」と呼んでいます。

 

 

 

本書は、この「7つのゼロ思考」を順次、解説していく形で、以下の7部構成から成っています。

 

 

1.「ボール=0」 <ボール(仕事)を受けたらすぐ離す>

 

2.「期待値=0」 <アウトプットの質への期待を低く抑える>

 

3.「デスク=0」 <デスクを空にする>

 

4.「オリジナル=0」 <ゼロベースから始めない>

 

5.「作業=0」 <他人に作業を任せる>

 

6.「モレ=0」 <全体を把握し、漏れをなくす>

 

7.「モノマネ=0」 <「新しさ」で高いアウトプットを生み出す>

 

 

本書で説明されている「7つのゼロ思考」は、いずれも実例が記されていて、著者の経験が分かりやすく紹介されているため説得力があります。

 

 

もともと私も大手金融機関の出身ということもあって、本書で書かれている仕事については、概ねイメージできるので、分かりやすく参考になりました。

 

 

具体的な中味については、敢えてここでは触れませんので、興味のある方はぜひ、本書をお読みください。とても分かりやすいので、アッという間に読了できます。

 

 

 

また、本文の途中に「10のコラム」が挿入されていて、専門用語も多いのですが、とても興味深い内容です。シンプルで分かりやすい本文の合い間にあって、一味ちがうアクセントになっています。

 

 

◆ 「目標を持つこと」の合理性

 

◆ なぜ人は宝くじを買ってしまうのか?

 

◆ 一生涯飲み放題を10万円で提供する居酒屋

 

◆ 「読まず」に本を「読む」方法

 

◆ 人の話を聞き流せる能力

 

 

◆ 意外なものが研究対象になる京都という不思議な都市

 

◆ イチロー選手から学ぶ適切な目標設定

 

◆ 囲碁ソフト「Alpha Go」の衝撃

 

◆ 英語を身に付けるために必要な2つの要素

 

◆ 金融工学では儲からない

 

 

あなたも本書を読んで、「異次元スピード仕事術」を身に付けてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『7つのゼロ思考』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP