『実践!50歳からのライフシフト術』

2018.12.08 (土)

「人生最大の危機である “ 人生の正午 ” は、今の日本では、50歳前後で訪れているのではないでしょうか。」と述べて、自分の人生の「主人公」になることを実践した “ライフシフター ” を紹介している本があります。

 

 

本日紹介するのは、ライフシフト・ジャパン大野誠一CEO豊田義博取締役河野純子執行役員による、こちらの書籍です。

 

 

大野誠一豊田義博河野純子・ライフシフト・ジャパン編『実践!50歳からのライフシフト術』(NHK出版)

 

 

 

 

この本は、普通の会社員だった22人のライフシフターが、50歳という人生の正午に、あるいはそれ以降に、どのようにライフシフトできたのか、どのように価値軸に気づき、どのように変身したのか、その法則を伝えるために書かれました。

 

 

 

本書は「8つの価値軸」本編を中核として、以下の12部構成から成っています。

 

 

1.【はじめに】50歳は「人生の正午」

 

2.【序論】「人生の主人公」になるための8つの価値軸

 

3.【本編】自分の価値観を見つけた22人の転身ストーリー

 

4.【価値軸1】人を育てる

 

5.【価値軸2】好きを仕事に

 

6.【価値軸3】社会に貢献

 

 

7.【価値軸4】手に職をつけたい

 

8.【価値軸5】海外とのかけはしに

 

9.【価値軸6】故郷に帰る

 

10.【価値軸7】住みたいところへ

 

11.【価値軸8】家族とともに

 

12.結論 ライフシフト実践のための4つの法則

 

 

 

この本の冒頭で著者は、ライフシフトには、単に「やりたいこと」を見つけるだけではなく、その人固有の理由や動機が必要だ、と述べています。

 

 

それが本書で定義している「価値軸」で、その人自身の心の中から湧き上がってくる「〇〇を大切にしたい」「〇〇が心からすくだ」「〇〇が気になって仕方がない」という想いが、何をするのかを導く、と著者は言います。

 

 

ライフシフター22人のそれぞれのストーリーについては、ここで詳細には触れませんので、ぜひこの本を手に取ってお読みください。

 

 

 

最後にまとめとして、ライフシフト実践のための「4つの法則」が、以下の通り提示されています。

 

 

【第1法則】5つのステージを通る

 

【第2法則】旅の仲間と交わる

 

【第3法則】自分の価値軸に気づく

 

【第4法則】変身資産を活かす

 

 

 

本書で紹介された22名のうち20名は、50歳時点で会社に勤めていました。実は、「変化にうまく適応できない」人たちと同じキャリアを重ねてきた、と著者は解説しています。

 

 

それが、自らの「価値軸」に気づき、仕事を楽しみ、ワクワク生きている「素敵な変身」を遂げているので、ぜひ事例のストーリーを参考にしていただければ、自らの人生を改めて見直すヒントが得られるでしょう。

 

 

上記の第1法則で挙げている「5つのステージ」とは、ライフシフターの方々に共通するプロセスで、次の5つです。

 

 

◆ 心が騒ぐ

 

◆ 旅に出る

 

◆ 自分と出会う

 

◆ 学びつくす

 

◆ 主人公になる

 

 

 

この本の締めくくりとして、紹介された22人以外の数多くのライフシフターにも共通する「変身資産」として、著者は次の10項目に集約できる、と説明しています。

 

 

1.とにかくやってみること

 

2.どんなことからも学んでいること

 

3.学んだことを捨てられる勇気を持っていること

 

4.違和感を大切にすること

 

5.みんなと同じじゃなくても平気なこと

 

 

6.3つ以上のコミュニティに所属していること

 

7.有意義に公私混同していること

 

8.自分についてよく知っていること

 

9.自分の人生時間を自分でマネジメントしていること

 

10.人生に起きる変化を楽しんでいること

 

 

この10項目は、ライフシフト・ジャパンが創業するときに掲げた「ライフシフト10箇条」だそうです。

 

 

 

この10箇条を実践してライフシフトを果たした「ライフシフター」を紹介しているライフシフト・ジャパンのウェブサイトはこちらです。

 

 

https://lifeshiftjapan.jp/lifeshifter-search/

 

 

この中で、34番目の「ライフシフター」として、私、大杉潤もインタビューを受けて紹介されています。

 

 

また、拙著『定年後不安 人生100年時代の生き方』(角川新書)も、ライフシフト・ジャパンの創業の理念と共通する問題意識で書かれた本で、ぜひ併せてお読みいただくことをお薦めします。

 

 

 

 

そしてこの本の最後で、自分が一番得意なもの(=「得意技」)を活かして、ライフシフトの第一歩を踏み出せばいい、と著者は述べています。

 

 

あなたも本書を読んで、「50歳からのライフシフト術」を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、を、こちらのサイトにて販売しています。

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

 

 

2018年11月11日に発刊された大杉潤の新規メルマガ『ビジネス書10000冊から』への登録は、以下のリンクをクリックしてください!

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『実践!50歳からのライフシフト術』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP