『2020年マンション大崩壊』

2017.03.10 (金)

東京五輪を前にマンション価格が上昇しているものの、その裏で管理費や修繕積立金の滞納、相続権の拡散など多くの問題が生まれつつある、と指摘している本があります。

 

 

本日紹介するのは、ボストン・コンサルティング・グループを経て三井不動産に勤務している牧野知弘さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

牧野知弘『2020年マンション大崩壊』(文春新書)

 

 

この本は、スラム化が進むリゾートマンション都心部でも進むマンション空き家問題老朽化マンションが抱えるスラム化の危機などを指摘し、将来のタワーマンションマンション資産価値などを考察している書です。

 

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.「地方」の問題ではなくなった空き家問題

 

2.都心部で進む「マンション空き家問題」

 

3.老朽化マンションが抱える「スラム化」の恐怖

 

4.問題解決を阻む管理組合という存在

 

 

5.タワーマンションの将来

 

6.マンションの資産価値を考える

 

7.解決のための処方箋

 

8.不動産価値の大変革を迎えて

 

 

本書で著者の牧野さんは、東京五輪を前にマンション価格は上昇しているものの、一方その裏では、管理費や修繕積立金の滞納、相続権の拡散など、多くの問題が生まれている、と指摘しています。

 

 

とくに首都圏湾岸部に林立するタワーマンションについては、高度な建築技術を使って建設された建物で、資産価値がどうなるかを論じる前に、維持管理のための修繕積立金がまったく足りない、と本書では指摘されています。

 

 

また、空室急増で、高齢化によって、孤独死が増え全国6000万戸時代を迎えて、さまざまな問題が顕在化してきたマンションに未来はあるのか、と問いかけています。

 

 

本書の後半では、近年、活発に建てられたタワーマンションの将来や、マンションの資産価値について、詳しく考察されています。

 

 

さらに、少子高齢化がさらに進む日本で、こうしたマンションを巡る諸問題にどう対処すべきか、という処方箋が本書では述べられています。

 

 

著者の牧野さんは、「マンションは本来、賃貸資産である」と述べていて、容易ではないマンションにまつわる諸問題に対して、空き住戸の転用権利関係の整理など、さまざまな解決のための処方箋を紹介しています。

 

 

本書の最後では、溢れかえる居住用不動産と、首都圏が迎える超高齢化社会と不動産価値について論じています。そして、これまで日本では主流だった「新築信仰」は大きく変化し、新しい住宅価値の考え方が出てくる、と結論づけています。

 

 

あなたも本書を読んで、マンションをめぐる問題将来の住宅価値について、改めて考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『2020年マンション大崩壊』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP