『百歳まで歩く-正しく歩けば寿命は延びる!』

2017.07.22 (土)

「きんさんはなぜ百歳になっても歩けたのか?それは “ 正しい歩き方 ” が身につく習慣をもっていたから」と解説している本があります。

 

 

本日紹介するのは、東京厚生年金病院(現・JCHO東京新宿メディカルセンター)リハビリテーション現場での経験が長い、理学療法士(骨関節・物理療法専門)田中尚喜さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

田中尚喜『百歳まで歩く-正しく歩けば寿命は延びる!』(幻冬舎文庫)

 

 

この本は、中高年以降から筋力を維持するための、筋肉習慣に焦点を絞って、体力や筋力がつく基本トレーニング、筋力低下が原因で起きる各症状の改善トレーニング腰痛と膝痛の限定トレーニング歩き方や姿勢を変えるトレーニングなどを紹介・解説している書です。

 

 

中高年だからこその筋肉習慣を身につけておけば、30年後、40年後も自分の足でしっかり立って歩いているはずだ、と著者は述べています。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.今、本当に必要な「筋肉づくり」

 

2.実践しよう!年代別筋力向上トレーニングプログラム

 

3.実践・筋肉別の筋力回復トレーニング

 

4.腰痛・膝痛の再発予防トレーニング

 

5.姿勢、歩き方を見直して「筋肉づくり」

 

 

この本の冒頭で著者は、体重の半分は筋肉で、身体のあらゆる動きを常にプロデュースしているのが筋肉、と述べています。

 

 

そして、筋肉は瞬発力のある「速筋」と、持久力がある「遅筋」の2種類に分けて考える必要があり、中高年は特に「遅筋」を鍛えるべきだ、と本書では説明しています。

 

 

遅筋は、ゆっくりと収縮する小さな筋肉で、筋肉痛を起こしにくく、疲れにくいという特徴があります。

 

 

日常的な動作ですぐに疲れてしまわないように、「座る、立つ、歩く」に使う筋肉は、最初から遅筋が多くなっているのです。

 

 

そして、筋肉は動かさないと、どんどん縮んで筋力低下になりますし、普段からよく使う筋肉は老化の影響を受けにくい、と言われています。

 

 

また、若いときにつけた筋肉は貯金(筋)されているわけではないので、筋力トレーニングは筋肉の年齢に合わせて行うようにした方が良いようです。

 

 

本書の中盤以降には、実際の筋力トレーニング方法が解説されています。年齢別に、筋肉を細かく分類して、目的に応じてトレーニングする方法が具体的に記されていて参考になります。

 

 

この本の最後には、歩き方に焦点を当てて、筋肉のトレーニング法が説明されています。

 

 

あなたも本書を読んで、百歳まで自分の足で歩けるように、「正しい歩き方」や、そのための筋力トレーニングについて学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『百歳まで歩く-正しく歩けば寿命は延びる!』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP