『百年企業100選 未来に残したい老舗企業』

2017.04.13 (木)

長寿企業大国である日本の47都道府県を網羅する、「未来に残したい老舗企業」の100選を記録した書籍があります。

 

 

本日紹介するのは、日本経済大学教授で、老舗企業・ファミリービジネスの経営戦略を専門とする後藤俊夫さんが編集した、こちらの書籍です。

 

 

後藤俊夫ほか『百年企業100選 未来に残したい老舗企業』(東方通信社)

 

 

この本は、日本全国47都道府県を網羅する、総勢75名の執筆陣が紡ぐ、未来に残したい「老舗の記録」で、百年企業を100社選んで紹介している書です。

 

 

 

本書は地域別に以下の6部構成から成っています。

 

 

1.北海道・東北(14社)

 

2.関東・甲信越(31社)

 

3.東海・北陸(15社)

 

4.近畿(14社)

 

5.中国・四国(18社)

 

6.九州・沖縄(8社)

 

 

本書の冒頭で編者の後藤さんは、この本で用いられている以下のキーワード・トップ10から、百年企業のDNAを探ることができると指摘しています。(カッコ内の数字は使用頻度)

 

◆ 時代(95)

◆ 変(70)

◆ 継(69)

◆ 客(65)

◆ 和(52)

 

◆ 守(44)

◆ 質(37)

◆ 美(26)

◆ 地元(21)

◆ ブランド(21)

 

 

この中でトップの「時代」については、「時代の流れ」「時代に適した」という表現が多く、社会的・歴史的なニーズの変化に対応してきたことが、長寿企業として生き残ってきた要因と推測されます。

 

 

さらに、2番目の「変」は「変化」であり、「継」は「継続」、「継承」、「後継」といった表現になります。老舗企業には、「伝統を守る」というイメージが大きいかと思いますが、継続していくためには「変化への対応」が不可欠であることが、分かります。

 

 

また本書では、「200年を超える企業数」都道府県別にランキングしていて以下のようにベスト10を紹介しています。(本書刊行の2013年時点で推定したデータ)

 

1.京都府 482

2.東京都 319

3.長野県 178

4.山形県 138

4.大阪府 138

 

6.福島県 134

7.新潟県 131

8.愛知県 129

9.兵庫県 126

10.静岡県  105

 

 

また、100年超えの企業数については、ほぼ上記の都道府県とベスト10は共通ですが、東京都6,090社がトップとなり、神奈川県が7位、埼玉県が10位にランクインしてきます。

 

 

これらのデータは、帝国データバンク東京商工リサーチと、編者の後藤俊夫さんが独自に収集したデータベースから成っていますが、推定方法は、2012年に改訂新版が刊行された、横澤利昌編著『老舗企業の研究-100年企業に学ぶ革新と創造の連続』(生産性出版)を参照したとのことです。

 

 

本書を読むと、長寿企業として、地元やお客さまに支持され続けてきた理由がよく分かります。

 

 

あなたも本書を読んで、100年企業の経営について知り、そのDNAを学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『百年企業100選 未来に残したい老舗企業』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP